返済ができない借金を片付けられる債務整理の問題点

弁護士の主な業務の一つともいえる返済ができない借金を片付ける債務整理は、弁護士に相談をして依頼をすれば思った以上に簡単に進むものです。依頼をすれば費用がかかりますが、専門的な知識や面倒な手続きは不要で借金が整理できるので、TVCMなどの効果もあってか今では多くの借金に悩む方が債務整理を用いて借金を解決しています。

 

しかし、債務整理は良い面ばかりではなく悪い面、デメリットもあります。既に返済ができなくなって長期が経つような借金を整理する場合には大したデメリットはありませんが、今現在はまだ支払いができている、支払いができなくなって間もないといった状況では債務整理のデメリットが際立ちます。

 

弁護士に依頼をして費用がかかる点もデメリットの一つですが、さらに大きな問題、今後の生活にも影響を与えることとなるのが信用情報機関へのネガティブな情報の登録です。

 

債務整理を行うとなると返済の計画を立て直すために、一時的に支払いをストップさせます。期間は債務整理の内容によっても異なりますが、数日間といった短い間ではなく数ヶ月を要するケースがほとんどです。つまり、数ヶ月間は返済をしない滞納をしているのと同じ状態になってしまうため、信用情報機関には長期の返済遅れを示す「異動」とされる情報が登録されてしまうのです。

 

借りたお金を契約内容通りに支払えないのであれば、何らかの影響を受けるのは当然と言えば当然です。しかし、最近では債務整理が妙に身近になってしまったことで、正しく債務整理のリスクやデメリットが理解されていない面もあります。

 

債務整理は万能な借金解決の方法ではないため、まだ支払いができている方は借り換えなどのよって返済負担が減らせないかなども考え、なるべくなら債務整理は
最終手段として考えるようにすると良いでしょう。